無電極ランプで【経費削減】と更なる事業繁栄へのお手伝い | 株式会社吉見屋

選挙権

12.21

世界の選挙権は何歳からが標準でしょう?

Wikiのよると下記のようになっています。

世界各国・地域の選挙権年齢

世界各国・地域の現状

選挙権年齢のデータがある192の国・地域のうち、170の国・地域が選挙権年齢が18歳(16歳・17歳も含む)となっている。

  • 主要国首脳会議(サミット)の参加国G8の中で、18歳までに国民に選挙権を与えていない国は、日本のみである。
  • 先進国クラブと呼ばれる経済協力開発機構(OECD)の34ヶ国中、18歳までに国民に選挙権を与えていない国は、日本(20歳)と韓国(19歳)のみである。

世界各国・地域の選挙権年齢

世界・地域における選挙権年齢[17][18](2008年8月5日現在)

  • 16歳 – オーストリア・キューバ・キルギス・ニカラグア
  • 17歳 – インドネシア・北朝鮮・スーダン・東ティモール
  • 18歳 – アイスランドアイルランド・アゼルバイジャン・アフガニスタン・アメリカ・アルジェリア・アルゼンチン・アルバニア・アルメニア・アンゴラ・アンティグア・バーブーダ・アンドラ・イエメン・イギリスイスラエルイタリア・イラク・イラン・インド・ウガンダ・ウクライナ・ウズベキスタン・ウルグアイ・エクアドル・エジプト・エストニア・エチオピア・エリトリア・エルサルバドル・オーストラリアオランダ・ガーナ・カーボベルデ・ガイアナ・カザフスタン・カナダ・ガンビア・カンボジア・ギニア・ギニアビサウ・キプロス・ギリシャ・キルギス・グアテマラ・グルジア・グレナダ・クロアチア・ケニア・コスタリカ・コモロ・コロンビア・コンゴ民主共和国・サントメ・プリンシペ・ザンビア・サンマリノ・シエラレオネ・ジブチ・ジャマイカ・シリア・ジンバブエ・スイススウェーデンスペイン・スリナム・スリランカ・スロバキアスロベニア・スワジランド・セーシェル・赤道ギニア・セネガル・セルビア・セントクリストファー・ネイビス・セントビンセント・グレナディーン・セントルシア・ソロモン諸島・タイ・タジキスタン・タンザニア・チェコ・チャド・中央アフリカ・中国・チリ・ツバル・デンマーク・トーゴ・ドイツ・ドミニカ・ドミニカ共和国・トリニダード・トバゴ・トルクメニスタン・トルコ・ナイジェリア・ナミビア・ニジェール・ニュージーランド・ネパール・ノルウェー・ハイチ・パナマ・バヌアツ・バハマ・パプアニューギニア・パラオ・パラグアイ・バルバドス・パレスチナ・ハンガリー・バングラデシュ・ブータン・フィリピン・フィンランド・ブラジル・フランス・ブルガリア・ブルキナファソ・ブルンジ・ベトナム・ベナン・ベネズエラ・ベラルーシ・ベリーズ・ペルー・ベルギーポーランド・ボスニア・ヘルツェゴビナ・ボツワナ・ボリビア・ポルトガル・香港・ホンジュラス・マーシャル諸島・マケドニア・マダガスカル・マラウイ・マリ共和国・マルタ・ミクロネシア・南アフリカ・ミャンマー・メキシコ・モーリシャス・モーリタニア・モザンビーク・モナコ・モンゴル・モンテネグロ・ヨルダン・ラオス・ラトビア・リトアニア・リビア・リベリア・ルーマニア・ルクセンブルク・ルワンダ・レソト・ロシア
  • 19歳 – 韓国
  • 20歳 – カメルーン・台湾・チュニジア・ナウル・日本・バーレーン・モロッコ・リヒテンシュタイン
  • 21歳 – オマーン・ガボン・クウェート・コートジボワール・サモア・シンガポール・トンガ・パキスタン・フィジー・マレーシア・モルディブ・レバノン
  • 25歳 – アラブ首長国連邦

これを見る限り、日本18才も以上には選挙権を与えて、若年層がWEBを駆使して当選しやすい環境にすれば老害が若干マシになるかも知れないと思います。まあ、選挙権の前には義務と権利として18才で成人とすることも必要かも?そうすると少年犯罪も少しは減るんじゃないでしょうか?

 

 

株式会社吉見屋はLVD(無電極)ランプ「エコ太郎」の総発売元㈱ラックライドの1次代理店です。

無電極ランプは特に水銀灯からの代替え照明として注目されています。

買換え・新規ご導入等、何でも お問合わせ から、お気軽にお問い合わせください。

エコ太郎メインバナー

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る