無電極ランプで【経費削減】と更なる事業繁栄へのお手伝い | 株式会社吉見屋

航空基本法

11.03

いま、議員立法で「航空基本法」を成立させ、各省庁が政権が代わっても航空機の製造に協力せざるを得ないような動きが非常に活発化していて、与党だけでなく野党も議員立法に向けて研究会に大勢が参加せいています。

 

その中で、無人機についての議論も有るのですが、今はラジコン扱いですがこれを航空機と位置付けてTC(形式認定)を取らないといけないようにすることも検討されています。御嶽山の噴火の際もラジコンヘリを県が出動要請し、電波が弱いために1キロ迄接近する必要が有りましたが、航空機として認められれば何10キロ以上先でも操縦可能です。結局、消防や警察に止められてラジコンヘリは飛びませんでした。

 

今日のラジコンヘリのニュースです。

空撮用の無線操縦ヘリ落下 湘南国際マラソン会場、スタッフ1人けが

11月3日午前9時10分ごろ、第9回湘南国際マラソンのスタート地点付近の大磯町西小磯で、空撮用の無線操縦ヘリコプターが落下し、近くにいた東京都港区在住の女性スタッフ(39)に接触、女性は顔に軽傷を負った。
大磯署が事故原因を調べている。同署によると、ヘリは全長約1・3メートル、高さ約45センチ、重さ約4キロ。大会のコマーシャル動画を撮影するため、機材を積み、男性会社員(47)が操縦。落下するヘリのプロペラの一部に接触した女性が頬に約4センチの切り傷を負った。
当時、現場は風速4メートルの北東の風が吹いていたという。午前9時にフルマラソンがスタートし、多くのランナーが待機していたという。

 

株式会社吉見屋はLVD(無電極)照明「エコ太郎」の1次代理店です。特に水銀灯からの代替え照明として注目されています。

買換え・新規ご導入等、何でも お問合わせ から、お気軽にお問い合わせください。

エコ太郎メインバナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る