無電極ランプで【経費削減】と更なる事業繁栄へのお手伝い | 株式会社吉見屋

無電極ランプ設置例(東大阪倉庫業様)

10.02

LVD照明(無電極ランプ)「エコ太郎」の設置例をご紹介します。無電極ランプは「Low Voltage Discharge」の頭文字を取ってLVD又はLVD照明と呼ばれる場合も有ります。また、LVD照明はあるメーカーの商標ですが、今では代名詞として使われています。今日はLVD照明の設置例をご紹介します。価格も満足頂き、このように写真も撮らせて頂きました。

 

昨年の2月に納品させて頂きました。天井高8mで300坪の倉庫に150Wのエコ太郎5灯で充分な明るさが確保されています。
直下照度は180Lx、平均120Lx、壁際の最低照度で80LxですがIphonで撮影して下記のように十分な明るさが確保されています。最近のデジカメは性能が良すぎるのでIphonで撮影した方がより人間の目で見た感じに近い写真が撮れるようです。

倉庫右上ランプ

倉庫右上のランプ 天井まで明るいのは拡散照明の特徴です。

倉庫左上ランプ

倉庫左上のランプ こちらも壁のてっぺんまで明るく見えます。
大切なのは、器具の明るさではなくて壁や商品が明るく見えるか?なんです。

倉庫左壁際

こちらも商品だけでなく、壁まで明るく見えます。

倉庫左下荷物の灯り

倉庫下部の荷物の見え方。120Lxでも細かい字まではっきり見えます。

倉庫右棚及び地面

普通120Lxで作業は無理ですが、無電極照明なら可能です。

6.倉庫両方のランプ

天井につられた無電極ランプ。梁が見えるようにカメラで見てもぎらつきが少ないのです。

7.倉庫真中ランプの交わりの地面

ここで、最大照度180LXで証明間で100Lxです

8.倉庫左下荷物と地面

9.倉庫右下荷物と地面

平均照度120Lxでも作業可能な明るさが解って頂ける写真だと思います。通常500Lxの要求に対して300Lxで満足頂いていますので、場合によっては減数する事も可能です。

10.倉庫右下天井と荷物と地面

ここまで見て下さってありがとうございました。このように蛍光灯は消してLVD照明器具だけで十分な明るさを確保しています。

無電極ランプ「エコ太郎」に興味を持たれた方は 問い合わせ までお願いします。

 

株式会社吉見屋はLVD(無電極)ランプ「エコ太郎」の総発売元㈱ラックライドの1次代理店です。

無電極ランプは特に水銀灯からの代替え照明として注目されています。

買換え・新規ご導入等、何でも お問合わせ から、お気軽にお問い合わせください。

エコ太郎メインバナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る