無電極ランプで【経費削減】と更なる事業繁栄へのお手伝い | 株式会社吉見屋

携帯

02.16

「5141」この数字を見て皆さんなんて思いました?

実はこれは僕が初めて持った自動車電話の番号なんです。普段は車に積んで、持ち運びも出来ました。バッテリーは待ち受け8時間で通話は30分でした。

電話番号は正しくは、030-16-05141 でした。他にも番号が有ったんですが、「来い(恋)良い」のごろ合わせでこの場号に決めました。高い買い物なので5ケタで充分だと思ったんでしょうね(笑)16は会社の識別ナンバーでした。

030-16-xxxxx NTT関西
030-26-xxxxx NTT関東
030-71-xxxxx 関西セルラー
030-72-xxxxx 関東セルラー

2台目はこれ!1キロを切る何とかウエストポーチに入るサイズでした。

denwa2

当時、ヤクザか不動産屋さん位しか持ってなかったんですが、僕は2300人目位の契約者だったそうです。

当時のNTT自動車電話の部長と課長がわざわざ配達してくれました。まあ、NTTユーザー協会の会員でしたし、社員教育を御願いしていましたからも有ると思いますが。。なんとお値段は50万円で10万円の保証金(ふざけた事に戻って来ない)基本料が月に22000円で、通話料は030エリア(自分が要る場所から確か半径160Km)が10円で8秒で、040エリア(030エリアの外)は10円で6秒やったと思います。都合が悪いのは例えば名古屋や東京に居る僕に誰かが大阪から電話してきたら、「お掛けになった電話は030地域に居りませんので040でお掛け直し下さい」ってアナウンスが流れるんです。これで浮気がばれた人は多いと思いますね(笑)

そして、記念すべき初めてポケットに入る携帯電話はこれです。アメリカの軍事規格で作ってあったのでコンクリートの壁に思いっきり投げつけても壊れないタフな携帯でした。多分、後にも先にもコンクリートの壁に投げつけて壊れない民生用の携帯はこれだけでしょう。フリップフラップはあくまでスイッチとカバーでマイクは本体に付いています。この時、丸紅の講習会に参加してセルラーの代理店になり翌年にはTUKAの代理店になりましたが、25年前は今のように簡単に売れず、5年位で止めちゃいました。

denwa3

 

 

株式会社吉見屋はLVD(無電極)ランプ「エコ太郎」の総発売元㈱ラックライドの1次代理店です。

無電極ランプは特に水銀灯からの代替え照明として注目されています。

買換え・新規ご導入等、何でも お問合わせ から、お気軽にお問い合わせください。

エコ太郎メインバナー

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る