無電極ランプで【経費削減】と更なる事業繁栄へのお手伝い | 株式会社吉見屋

延命

01.28

欧米にはなぜ、寝たきり老人がいないのか

ヨーロッパの福祉大国であるデンマークやスウェーデンには、いわゆる寝たきり老人はいないと、どの福祉関係の本にも書かれています。他の国ではどうなのかと思い、学会の招請講演で来日したイギリス、アメリカ、オーストラリアの医師をつかまえて聞くと、「自分の国でも寝たきり老人はほとんどいない」とのことでした。一方、我が国のいわゆる老人病院には、一言も話せない、胃ろう(口を介さず、胃に栄養剤を直接入れるため、腹部に空けた穴)が作られた寝たきりの老人がたくさんいます。

「なぜ、外国には寝たきり老人はいないのか?」

答えはスウェーデンで見つかりました。今から5年前になりますが、認知症を専門にしている家内に引き連れられて、認知症専門医のアニカ・タクマン先生にストックホルム近郊の病院や老人介護施設を見学させていただきました。予想通り、寝たきり老人は1人もいませんでした。胃ろうの患者もいませんでした。

その理由は、高齢あるいは、がんなどで終末期を迎えたら、口から食べられなくなるのは当たり前で、胃ろうや点滴などの人工栄養で延命を図ることは非倫理的であると、国民みんなが認識しているからでした。逆に、そんなことをするのは老人虐待という考え方さえあるそうです。

ですから日本のように、高齢で口から食べられなくなったからといって胃ろうは作りませんし、点滴もしません。肺炎を起こしても抗生剤の注射もしません。内服投与のみです。したがって両手を拘束する必要もありません。つまり、多くの患者さんは、寝たきりになる前に亡くなっていました。寝たきり老人がいないのは当然でした。

欧米が良いのか、日本か

さて、欧米が良いのか、日本が良いのかは、わかりません。しかし、全くものも言えず、関節も固まって寝返りすら打てない、そして、胃ろうを外さないように両手を拘束されている高齢の認知症患者を目の前にすると、人間の尊厳について考えざるを得ません。

家内と私は「将来、原因がなんであれ、終末期になり、口から食べられなくなったとき、胃ろうを含む人工栄養などの延命処置は一切希望しない」を書面にして、かつ、子供達にも、その旨しっかり伝えています。

延命治療拒否の書面化

「延命治療拒否宣言書」というのをつくりました。
基本的な意思表示だけでなく、個別の対応事項もかいておきました。
AHNについての記述を抜粋すると
「AHN   :  摂食嚥下困難となった場合は、AHNを実施しないで下さい。経口摂取できる状態までを人としての尊厳の限界と考えます。以上がどうしても受け入れられない場合は医療機関を変えるか、ホスピスか、在宅か、最小限の末梢点滴かを選択して下さい。
回復の可能性があり、回復後は抜去する前提で一時的処置の場合のみ実施して下さい。
外傷や脳血管疾患などにより急激な重度の障害を負った場合は意識障害のまま生存を長引かせるものですから、実施しないで下さい。」

こんな感じです。
いざとなったら、気が変わる可能性もありますけど、こうありたいです。
がんの末期とか予後の予測ができるものは、可能でしょうが、脳疾患のように予測できない場合の線引きはむずかしいでしょうね。
事前に書面化するむづかしさを感じます

 

株式会社吉見屋はLVD(無電極)ランプ「エコ太郎」の総発売元㈱ラックライドの1次代理店です。

無電極ランプは特に水銀灯からの代替え照明として注目されています。

買換え・新規ご導入等、何でも お問合わせ から、お気軽にお問い合わせください。

エコ太郎メインバナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る