無電極ランプで【経費削減】と更なる事業繁栄へのお手伝い | 株式会社吉見屋

台風で屋根が飛ぶ物理学的な理由

09.04

ものの近くを通る空気の速度が速いと、物は吸い寄せられる現象があります。飛行機はこの現象を利用して空を飛んでいます。

風の速度が上がるほど、屋根の上の気圧が下がります。そこで窓が開いていたら、室内の気圧が上昇するので屋根が飛んでしまいます。ですから雨戸があれば閉める事が非常に大切です。雨戸が無い場合はカーテンを閉めておくだけでもガラスが割れた場合の防御になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る