無電極ランプで【経費削減】と更なる事業繁栄へのお手伝い | 株式会社吉見屋

光の色温度

10.22

色温度

光の色は昼光色から白、電球食までの順に下記の表のようになります。色は通常、色温度(K ケルビン)という単位で表します。

色の名前 色温度の範囲 中心の色温度 説明 記号(JIS)
昼光色 5700 – 7100K 6500K 晴天の正午の日光の色 D
昼白色 4600 – 5400K 5000K 晴天の正午をはさんだ時間帯の日光の色 N
白色 3900 – 4500K 4200K 日の出2時間後の日光の色 W
温白色 3200 – 3700K 3500K 夕方の日光の色 WW
電球色 2800- 3100K 2800K 100Wの白熱電球の色 L

光の色と明るさは独立していますが、色と明るさは関連があり昼光色が器具は明るく見えますが、実際に昼光色の下に手をかざすと少し健康的でない色に見えます。ですから、病院(特に診察室や病室)では絶対に昼光色は使いません。使うとしたら昼白色か白色それも3波長のものを使うようにします。

照明は器具が明るく見えても仕方が有りません。床や壁、品物や作業台などが明るく見えなければいけないのです。プロライトのLVD照明「エコ太郎」は5000Kを採用しています。また、光の分布のピークを550nmにチューニングすることによって人間の目で見た明るさを追及しています。

下の写真を見比べて下さい。左は540nmのランプで右は550nmのランプです。同じ5000Kですが段ボールの色は右の方が自然に見えます。照度計で測った数字は殆んど変わらないのですが、両方並べると右の新型ランプの方が圧倒的に明るく感じます。写真 2

 

 

株式会社吉見屋はLVD(無電極)ランプ「エコ太郎」の総発売元㈱ラックライドの1次代理店です。

無電極ランプは特に水銀灯からの代替え照明として注目されています。

買換え・新規ご導入等、何でも お問合わせ から、お気軽にお問い合わせください。

エコ太郎メインバナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る